着物の種類別の買取相場

能登上布の着物買取の相場はいくらくらい?高く買い取ってもらえるコツはある?

投稿日:

 

「着物が好きで、夏は能登上布を着ていた母。

でも母の死後、遺されたのは大量の着物。

全部処分したいけど、母の思い出がしみついていると思うとなかなか捨てられません。

でも着物は場所をとるし・・・いったいどうすればいいの?」

お持ちの能登上布、この際全部売りませんか?

着物は捨てたらゼロ円ですが、売れば1枚数万円に。

お母様の思いを踏みにじることなく、家をスッキリさせることができます。

でも売り方を間違えると価値はゼロ。

この記事では「能登上布を高く売る方法」を大公開!

「読む」のと「読まない」のとでは、その後の人生、変わりますよ。

能登上布とは?

能登上布は、石川県中能登町や羽咋市に伝わる麻織物。

歴史が非常に古く、作られたのは神代の時代。

崇徳天皇の皇女が中能登付近に滞在した際、野生の真麻で糸を製作。

地域の女性に機織りを教えたことが、始まりと言われています。

ちなみに能登の麻糸は、古くから高品質と評判。

平安時代には、当時の税金・租庸調の「調」として麻糸を生産。

鎌倉時代には、東大寺に麻糸を収めたという記録も残っています。

とはいえ「能登上布」という名称が生まれるのは明治に入ってから。

品質の良い能登の麻糸は、江戸時代初めまで近江上布の材料に使われていました。

その後、能登で織物を作る機運が盛り上がり、能登縮が誕生。

明治40年には、ついに皇太子殿下の献上品に選ばれ、評判は全国区に。

能登上布という名がつき、人気に火がつきます。

その後、織物工房も次第に増え、石川県にとってなくてはならない存在に。

1960年、能登上布は石川県指定無形文化財になります。

能登上布の特徴

能登上布の生地を表す言葉、それは「蝉の羽」。

どこまでも薄くて軽く、ひんやりとした質感なので、ジメジメした日本の夏にピッタリです。

また堅牢なのも、大きな魅力。

「一生着られるほど丈夫」と言われ、祖母・母・娘と能登上布を引き継ぐ人も多いんです。

また能登上布の特徴といえば、精緻な絣模様。

矢絣、黒蚊絣、サビ蚊絣、亀甲、ダイヤ柄、麻の葉、井桁などバリエーション豊富な絣模様が、日本人の心をくすぐります。

なぜ、これほど多様な絣模様ができるのでしょうか。

実は能登は、独自の染色技法を次々と確立。

板締め・櫛押し捺染・ロール捺染・型紙捺染といった様々な「絣染め技法」を産み、多彩な絣模様を見事に織り上げています。

これだけ柄が豊富なら、能登上布がタンスいっぱいになるのも当然ですね。

能登上布の着物買取の相場は?

では気になる買取価格を見てみましょう。

能登上布の買取価格は2万円~4万円前後

越後上布や宮古上布等と比べると、やや低めです。

でも能登上布の買取価格は、今後跳ね上がる可能性大。

理由は2020年の東京五輪。

能登上布は紺と白の絣柄が、いかにも日本らしいので、「欲しい!」という人が急増してるんです。

ところが現在、能登上布の織元は山崎麻織物工房と能登上布会館の2つだけ。

需要に供給が追い付かない状況なので、希少価値がグングン上がっています。

よって能登上布を売るなら、今がチャンス。

5万円~10万円で売れる可能性が濃厚です。

能登上布の着物、高く買い取ってもらえる種類とは?

能登上布はもともと高級品。

そのなかでも、特に高く買い取ってもらえる着物があります。

能登上布の中で、高く売れるのはどんな着物なのでしょうか。

証紙がついているもの。

能登上布は、証紙がついているものが高く売れます。

その証紙とは「石川県指定無形文化財 本麻手織 能登上布」という文字と「工房名」が書かれたもの。

証紙がついていると、正真正銘の能登上布とわかるため、高く売れます。

絣の柄が細かいもの。ただし例外も。

能登上布は繊細な絣模様が魅力。

蚊絣や亀甲は、パッと見た時に無地に見えるぐらい細かいものが高く売れます。

たとえば亀甲なら、「一反の布幅に並ぶ亀甲の数」が多いほど高価。

100亀甲や120亀甲のものが、高値で売れます。

さらに160亀甲ともなると、滅多にないので買取価格がグーンとアップします。

しかし場合によっては、柄が大きいほど高値なことも。

「櫛押し捺染」の着物の場合、絣柄が大きいものには木型が使われています。

実は今、木型の生産はストップ。

木型を用いた着物は珍しいので、高く売れるんです。

一般に、能登上布は「柄が細かいもの」が高価格。

ただ「染色法によっては大柄のものが高くなる」と、覚えておきましょう。

サイズが大きいもの(特に男性もの)。

能登上布は「普段使い」の着物なので、なるべく多くの人がサッと着られるものが高く売れます。

よって、ミニサイズだと価値は下落。

サイズが大きい着物ほど、着られる人が多いため、高く買い取ってもらえます。

また能登上布は色味が渋いので、男性に非常に人気があります。

男性用となると、ますますサイズ重視に。

多くの男性が着られる「大サイズのもの」ほど高く売れます。

能登上布の着物を高く買い取ってもらうコツとは?

「能登上布って、上布のなかでも買取価格が安いのね・・・。何だか悔しいなぁ。高く買い取ってもらえる方法、何かない?」

お答えしましょう。

高く買い取ってもらえる方法、「あります」。

この記事どおりに売れば、越後上布や宮古上布に負けない高値で売ることができますよ。

証紙を必ずつける。

能登上布を売る際には、必ず証紙をつけましょう。

証紙は着物の血統書。

あるとないとでは、買取価格は数万円違ってきます。

・作られた工房がわかる証紙(「製織者 山崎仁一」などと書かれたもの)

・「石川県の指定無形文化財」と記された証紙

この2つがついていれば高値確実です。

シミ・シワ・汚れを取っておく。

着物は保存状態が良いほど、高く売れます。

能登上布を売ろうと決めたら、着物専門のクリーニング店できれいにしてもらいましょう。

「悉皆屋」という看板を掲げているお店もおすすめ。

着物の手入れに熟達しているため、未使用と見紛うほどきれいにしてくれます。

特に能登上布はシワができやすいので、プロにシワをとってもらうと、印象がグッと良くなりますよ。

春~初夏の間に売る。

能登上布は夏に着るので、「春~初夏の間に売る」のがポイント。

最も需要が盛り上がる時期に売ると、買取業者も「よし来た!」とばかりに高値をつけてくれます。

能登上布は「これから暑くなる時期」に売りましょう。

着物専門の買取業者に売る。

能登上布を高く売る最大のポイント、それは「着物専門の買取業者に売ること」です。

「高く売れる種類」でおわかりのように、能登上布は「高値ポイント」が細かいです。

たとえば染色方法によって買取価格が変わるなんて、着物によほど詳しくないとわかりませんよね。

能登上布を売るなら絶対、着物専門の買取業者に。

間違っても、総合リサイクルショップなどに売ってはいけません。

能登上布は薄くて軽いので、「質より重量」のリサイクルショップでは途轍もない安値になります。

重量ではなく「質」で判断する、着物専門業者に売りましょう。

テレビCMでもおなじみの着物買取業者は「着物買取バイセル」


当サイトで一番人気がある着物の買取業者は「着物買取バイセル」になります。

坂上忍さん出演のテレビCMでもお馴染みなのでご存知の方も多いと思いますが、おすすめの点は以下のになります。

おすすめのポイント
・買取実績は業界トップクラス

・査定額が他店よりも1円でも安ければ全品返却

・査定料、出張料などは無料

・訪問買取、持込買取、宅配買取に対応

・現金即払い、宅配なら即振込

・坂上忍さん出演のテレビCMも放映している会社なので安心安全

・日本全国対応

・申し込みから最短30分で訪問可能




買取の申し込みからの流れ



バイセルのテレビCMはこちらになります。



着物買取バイセルの口コミはこちらになります。

損してる?古い着物の買取で1円でも高く売りたいならどこがおすすめ?

着物買取バイセルの公式サイトはこちらをどうぞ。

着物買取バイセルの公式サイトを見てみる

さいごに

紺と白の絣模様、涼しい着心地・・・能登上布は日本の知恵と品格がつまった着物です。

よって東京五輪に向けて、世界中の人に売れる可能性が高いです。

自宅で眠っている能登上布、売るなら今が最大のチャンスですよ。

よく読まれている記事

-着物の種類別の買取相場
-, , ,

Copyright© 損してる?古い着物の買取で1円でも高く売りたいならどこがおすすめ? , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.