着物の種類別の買取相場

本場黄八丈の着物買取の相場はいくらくらい?高く買い取ってもらえるコツはある?

更新日:

 

「タンスを開けたら、母の本場黄八丈がギッシリ。

でも最近地震が多くて、タンスが重いと毎日不安。

いつ倒れてくるかと思うと、夜も眠れません。

着物を全部処分したいけど、どうしたらいい?」

災害大国日本では、着物ギチギチのタンスは恐怖の存在。

お持ちの本場黄八丈、この際売ってみませんか?

ただし売るには、ちょっとしたコツが必要。

この記事で「高く売るコツ」を知れば、お部屋スッキリ、お金ドッサリと一石二鳥ですよ。

本場黄八丈とは?

本場黄八丈は、東京都八丈島の絹織物。

そう聞くと、「八丈島産の織物だから本場黄八丈というのね」と思いますよね。

ところが真相は、その逆。

「八丈」とは絹織物の単位で「1疋(2反)の長さ」を表します。

室町時代、島は献上品として、八丈の白い絹を納めていました。

江戸時代に入ると、八丈絹は黄色に染められ、年貢として納められるように。

黄色は「不浄除けの色」と言われ、大名はもちろん町民からも人気を集めます。

江戸中期以降は、茶や黒で染める技法が確立され、縞や格子柄も登場。

黄色の八丈の絹織物は評判を呼び、産地の島は「八丈島」と名づけられました。

ちなみに本居宣長は「八丈という島の名はかの八丈絹より出ずるらむかし」と書き残しています。

本場黄八丈は美しさと技術が評価され、1977年、経済産業大臣が伝統的工芸品に指定。

今も昔も、八丈島の経済を担う存在となっています。

本場黄八丈の特徴

本場黄八丈の特徴は、シンプルで渋みのある色合い。

使われる色は、黄・樺色(茶)・黒の3色のみ。

黒を主としたものは「黒黄八丈」、樺色が主のものは「鳶黄八丈」と呼ばれています。

3色しか使われていない理由は、全て天然染料だから。

コブナ、タブノキ、シイなど、過酷な八丈島の気候に耐えられる植物でしか、染めることができないからです。

さらに本場黄八丈は、色落ちを防ぐ工夫も自然一色。

ツバキやサカキの灰汁や、八丈島の泥で媒染し、色落ちのない鮮やかな着物に仕上げています。

本場黄八丈の色持ちの良さは全国屈指。

「孫の代まで色あせない」と言われるほどです。

また本場黄八丈の魅力は、いろんな場面で着られること。

習い事や、歌舞伎鑑賞等のお出かけ、訪問着として着ることもできます。

カジュアルな色味なのに、ちょっと改まった場でも着られるのは絹織物ならでは。

絹の光沢が高級感を醸し出すので、プチフォーマルな場でも失礼になりません。

カジュアルにも、おめかしにも着られる本場黄八丈。

織物のなかでは稀有な存在です。

本場黄八丈の着物買取の相場は?

では気になる買取価格を見てみましょう。

本場黄八丈は、買取価格がかなり高め。

平均価格は7万円~8万円で、10万円を超えるものも珍しくありません

高値の理由は、まず伝統的工芸品の指定を受けていること。

さらに本場黄八丈は、材料選びから製作工程まで大変な手間がかかった織物。

染料は、八丈島の気候で生き延びられる植物しか使われていませんし、色止め作業や織る工程も精緻を極めます。

よって本場黄八丈の買取価格は、着物界トップクラスの高値です。

本場黄八丈の着物、高く買い取ってもらえる種類とは?

高額で売れる本場黄八丈。

そのなかでも、特に「高く売れる着物」というものが存在します。

なかには中古なのに、50万円以上の値がつくものも・・・。

ではいったい、どんな本場黄八丈が高く売れるのでしょうか。

人気作家の作品。

本場黄八丈は、人気作家の着物だと非常に高値がつきます。

代表的な作家は、山下八百子さん。

1986年、東京都指定無形文化財工芸技術保持者に認定。

2002年には、名誉都民表彰を受けるなど輝かしい功績を誇ります。

そんな山下さんの作品ですから、買取価格は飛びぬけて高額。

買取価格は50万円以上と言われています。

また伝統工芸士・西條吉広氏の作品も高値で売れます。

黄八丈めゆ工房のもの。

本場黄八丈の製造元は2つ。

1つは黄八丈織物協同組合で、もう1つは「黄八丈めゆ工房」です。

めゆ工房は、本場黄八丈の名家・山下家が代々継いでいる工房。

人気作家が所属しているだけでなく、生産数が少ないため買取価格が高くなります。

証紙がついたもの。

本場黄八丈は、国に認められた伝統的工芸品。

高級なだけに、品質を証明する「証紙」がついたものが高く売れます。

「黄八丈織物協同組合」の証紙や「黄八丈めゆ工房」と書かれた証紙、さらに伝統的工芸品を表す「伝統証紙」がついていれば高額で売れます。

黒黄八丈の着物。

本場黄八丈のなかでも、黒がメインの黒黄八丈は高く売れます。

なぜなら黒黄八丈は人気があるわりに、売ってくれる人が少ないからです。

黒黄八丈は泥染めのため、糸が若干もろいと言われています。

よって「売ろう」と思った時には劣化が目立ち、売却せず処分してしまう人が多いんです。

もし黒黄八丈を持っていたら、早いうちに売却を!

人気があるわりに売る人は少ないので、きれいなうちに売ると高値がつきます。

縦縞のもの。

本場黄八丈は格子や縞模様などがありますが、縦縞のものが比較的高く売れます。

縦縞はシャープな印象で、セミフォーマルの場でも着やすいので人気があるんです。

よって縦縞模様なら、高く売れる可能性大です。

サイズが大きいもの。

本場黄八丈は汎用性が高いため、「なるべく多くの人がサッと着られること」が高値の条件。

ミニサイズだと着られる人が限られるため、どうしても買取価格は安くなります。

女性なら、身丈160cm以上のものが高く売れます。

【5】本場黄八丈の着物を高く買い取ってもらうコツとは?

ではいよいよ、あなたの本場黄八丈を「1円でも高く売るコツ」をお伝えします。

「もっと高く売れたのに!」と後悔することにならないよう、じっくり読み、しっかり実践しましょう。

証紙をつける。

高く売るには、証紙をつけるのが必須。

売る際には、次の証紙をつけて査定に出しましょう。

・伝統証紙(「伝」の字と「日の丸」がデザインされた証紙)

・「黄八丈織物協同組合」または「黄八丈めゆ工房」による「本場黄八丈」の証紙

・作家名が書かれた証紙。

有名作家の物でない場合、作家名の証紙はないかもしれません。

でも「本場黄八丈」とわかる証紙さえついていれば、高値がつくので諦めないように!

着物をキレイにしてから売る。

本場黄八丈は絹織物なので、自宅での洗濯不可。

売る前に、着物専門のクリーニングや悉皆屋さんでシミや汚れが取ってもらいましょう。

なお、未着用の場合は、そのままの状態でなるべく早く売りましょう。

買ったままの状態であるほど高く売れます。

着物専門の買取業者に売る。

本場黄八丈は高級品なので、必ず着物専門の買取業者に売りましょう。

「オークションの方が高く売れそう」と思うかもしれませんが、入札がなければ収入ゼロ。

また繊細な絹織物なので、梱包や送付が大変です。

一方、総合リサイクルショップでは着物の知識がないため、本場黄八丈の価値を正確に査定できません。

売る際には、着物に詳しい専門業者に依頼しましょう。

テレビCMでもおなじみの着物買取業者は「着物買取バイセル」


当サイトで一番人気がある着物の買取業者は「着物買取バイセル」になります。

坂上忍さん出演のテレビCMでもお馴染みなのでご存知の方も多いと思いますが、おすすめの点は以下のになります。

おすすめのポイント
・買取実績は業界トップクラス

・査定額が他店よりも1円でも安ければ全品返却

・査定料、出張料などは無料

・訪問買取、持込買取、宅配買取に対応

・現金即払い、宅配なら即振込

・坂上忍さん出演のテレビCMも放映している会社なので安心安全

・日本全国対応

・申し込みから最短30分で訪問可能




買取の申し込みからの流れ



バイセルのテレビCMはこちらになります。



着物買取バイセルの口コミはこちらになります。

損してる?古い着物の買取で1円でも高く売りたいならどこがおすすめ?

着物買取バイセルの公式サイトはこちらをどうぞ。

着物買取バイセルの公式サイトを見てみる

さいごに

本場黄八丈は、織物のなかでも特に高く売れます。

でも売り方を間違えると、せっかくの本場黄八丈もゴミ同然に。

「高く売るコツ」を実践すれば、売ったお金で海外旅行にも行けますよ。

よく読まれている記事

-着物の種類別の買取相場
-, , ,

Copyright© 損してる?古い着物の買取で1円でも高く売りたいならどこがおすすめ? , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.