着物の種類別の買取相場

えぞ織の着物買取の相場はいくらくらい?高く買い取ってもらえるコツはある?

投稿日:

 

「20歳の記念に、母が買ってくれた『えぞ織』。

結婚してから全く着ないので処分したいけど、母の思い出がしみついていて、なかなか捨てられず。

一体どうしたらいいの?」

着なくなった着物の処分、困りますよね。

ここは何とかお母様の思いをふみにじることなく、部屋をスッキリさせたいものです。

そこで、いちばんオススメしたいのは「着物の売却」。

でも、ただ「売ればいい」というものではありません。

実は着物はちょっとしたコツで、ウンと高く売れるんです。

この記事では「えぞ織を1円でも高く売る方法」をご紹介。

じっくり読んで、「高く売るコツ」どおりに売ってみてください。

売った後、家族で豪華なディナーに行けますよ。

えぞ織とは?

えぞ織の産地は北海道。

誕生したのは「昭和に入ってから」と、織物のなかでは非常に新しいです。

日本で織物技術が最初に伝わったのは沖縄なので、遠い北海道は出遅れることに。

さらにアイヌ民族の文化も色濃かったため、新しい織物技術がなかなか浸透しませんでした。

しかし昭和に入ってから、アイヌ文化と織物技術がうまく融合。

えぞ織が誕生しました。

つまり「アイヌ文化と織物技術の融合」という発想がなければ、えぞ織は生まれなかったわけですが、それを実現させたのは佐藤房子さん。

北海道に住んでいた佐藤氏は、アイヌの織物を、沖縄から伝わった織物技術に応用。

地元のカラーを生かしながら、日本全国に受け入れられる織物を見事作り上げました。

北海道の文化と、海外からの新しい文化が融合したえぞ織。

日本の懐の深さを、体現した織物といえます。

えぞ織の特徴

えぞ織最大の特徴は、目にも鮮やかな紫色。

青紫や小紫、紺藤色やすみれ色・・・と多様な紫色がグラデーションのようになっており、とてもオシャレで爽やかです。

美しい色の正体は、ラベンダーとハスカップ。

えぞ織の染料には、富良野で栽培されるラベンダーが多く用いられています。

また千歳地方のハスカップも、えぞ織には欠かせないもの。

ハスカップは実をギュッとしぼると、濃い紫色の汁が出ます。

えぞ織は、そのハスカップの液を抽出し、濃淡のある紫色に糸を染めていきます。

実はハスカップの花は、香りが豊か。

えぞ織は織物では珍しく、生地からほのかな香りが・・・。

ハスカップの香りは気持ちを落ち着かせるので、着る人の心を和ませます。

染料は他に、ベニバナ、藍、アロニアなども使用。

北海道の植物・果実だけで、様々な紫色を産み出しています。

さらにえぞ織は生地が柔らかいため、着心地の良さも抜群。

つまり「えぞ織」は見た目・香り・着心地すべてに優れた、「五感に訴える着物」。

えぞ織にハマり、何枚も集めてしまうのも納得ですね。

えぞ織の着物買取の相場は?

さて、えぞ織の買取価格を見てみましょう。

えぞ織の平均買取価格は、2万円~3万円

織物のなかでは歴史が浅く、知名度が低いため、やや安めです。

ただ「えぞ織」は、今後間違いなく買取価格がアップ。

理由は東京五輪の開催で、世界的に和服ブームが起こっているからです。

特に「えぞ織」は色・柄・着心地といい、普段使いにピッタリの着物。

東京五輪にわく街を、和服を着て歩くには最適です。

よって「えぞ織」は、今一番の注目株。

買取価格が5万円以上になる可能性が十分あります

えぞ織の着物、高く買い取ってもらえる種類とは?

えぞ織は、買取価格がやや低め。

ただし、なかには「高く売れる着物」もあります。

ではどんな着物が高く売れるのでしょうか。

有名作家の着物。

着物は、有名作家の作品だと非常に高く売れます。

えぞ織なら何と言っても、創始者・佐藤房子の作品がトップです。

数ある「えぞ織」のなかでも、佐藤房子の着物は色の美しさが断トツ。

ハスカップやラベンダー、藍などで染めた絹糸を巧みに織り上げ、北海道の大自然を思わせる着物に仕上げています。

えぞ織はただでさえ流通量が少ないですが、佐藤房子の作品はさらに希少。

なかなかお目にかかれない逸品なので、買取価格は非常に高いです。

証紙がついているもの。

えぞ織は証紙がついていると、高く売れます。

着物に「ハスカップ染」「ラベンダー染」「えぞ織」と書かれた証紙がついていれば、高額買取間違いなし。

さらに「佐藤房子作」とわかる証紙がついていれば、買取価格は跳ね上がります。

主にラベンダーで染められた着物。

えぞ織は、ラベンダーで主に染められたものが高く売れます。

ラベンダーで染めた着物は、他の染料で染めた着物より紫色が鮮やか。

えぞ織のなかでも、特に人気が高いんです。

着物は需要が高いものほど、高く売れる世界。

主にラベンダーで染められた着物が、比較的高く売れます。

製造後10年以内のもの。

着物はたとえ中古でも、新しいほど高値がつきます。

特にえぞ織は香りもポイントなので、「香りが損なわれていないもの」が高く売れます。

製造後10年以内なら、高額買取の可能性アップ。

「製造後2~3年以内」あるいは「未着用」のものなら、さらに高く売れます。

サイズが大きめのもの。

えぞ織は「普段のオシャレ」に使いたい着物。

フォーマルな着物とは違い、多くの人が気楽に着られるものが高く売れます。

よって、誰でも着られる大サイズのものに高値がつきます。

えぞ織の着物を高く買い取ってもらうコツとは?

ではいよいよ、えぞ織を「高く売るコツ」を伝授します。

知っているようで知らないコツ、知って損はない知恵が満載ですよ。

証紙をつける。

えぞ織を高く売るには、証紙をつけるのが最大のポイントです。

でも、えぞ織は伝統的工芸品や重要無形文化財といった指定がないため、証紙は少なめ。

「えぞ織って書かれていたあの紙、証紙だったのかな? どこかにやっちゃったかも」という人もいるでしょう。

証紙がなければ、着物の素材や染料、購入店舗などがわかるものでもOK。

それだけでも買取価格は違ってきます。

和装小物もセットで売る。

えぞ織は和装小物が豊富。

紫のグラデーションがまぶしい、えぞ織のバッグを持っている人もいるのでは?

えぞ織の着物を売る際には、帯・鞄など小物も一緒に売りましょう。

セットで売ると、買取価格が1万円~2万円は高くなりますよ。

着物専門のクリーニングに出す。

着物はきれいであるほど、買取価格アップ。

「売る」と決めたら、着物専門のクリーニングに出しましょう。

プロに頼むと、えぞ織の柔らかさを保ったままキレイにしてくれるので、おすすめですよ。

売るなら、着物専門の買取業者に!

「高く売るコツもわかったし、さっそくリサイクルショップに」なんて思っていませんか?

えぞ織を売るには、着物専門の業者じゃないとダメ。

知名度が低い着物なので、総合リサイクルショップでは価値をわかってくれません。

えぞ織の良さがわかるのは、着物に詳しい業者だけ。

売る際には必ず、着物専門の買取業者に依頼しましょう。

テレビCMでもおなじみの着物買取業者は「着物買取バイセル」


当サイトで一番人気がある着物の買取業者は「着物買取バイセル」になります。

坂上忍さん出演のテレビCMでもお馴染みなのでご存知の方も多いと思いますが、おすすめの点は以下のになります。

おすすめのポイント
・買取実績は業界トップクラス

・査定額が他店よりも1円でも安ければ全品返却

・査定料、出張料などは無料

・訪問買取、持込買取、宅配買取に対応

・現金即払い、宅配なら即振込

・坂上忍さん出演のテレビCMも放映している会社なので安心安全

・日本全国対応

・申し込みから最短30分で訪問可能




買取の申し込みからの流れ



バイセルのテレビCMはこちらになります。



着物買取バイセルの口コミはこちらになります。

損してる?古い着物の買取で1円でも高く売りたいならどこがおすすめ?

着物買取バイセルの公式サイトはこちらをどうぞ。

着物買取バイセルの公式サイトを見てみる

さいごに

紫のグラデ―ションが、ウットリするほど美しい「えぞ織」。

20代~80代まで幅広い年齢層に人気なので、売って損なし。

「高く売るコツ」を実践すれば、驚くほど高値で売れますよ。

賢く売って、家族でおいしい北海道グルメでも堪能しましょう。

よく読まれている記事

-着物の種類別の買取相場
-, , ,

Copyright© 損してる?古い着物の買取で1円でも高く売りたいならどこがおすすめ? , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.