着物の種類別の買取相場

損してる?留袖の買取相場はいくら?高く売るコツは何かある?

投稿日:

 

「実家を片づけたら、亡き母の留袖を発見。

私の結婚式で着てた留袖だけど、もう誰も着ないし処分しようかな。

でも捨てるのは後ろめたいし、どうすればいいの?」

留袖の処分に悩んでる人、多いですよね。

留袖は、家族の歴史が詰まっているだけにぞんざいに扱いたくありません。

ならばこの際、留袖を売ってみませんか?

留袖は女性の礼装なので、高額買取可能。

上手に売ると大金がポンッと手に入ります。

でも売り方を間違えると、とんでもない安値に。

ここでは、留袖を高く売るコツを一挙公開。

留袖を売るときには、必ずこの記事通りに売りましょう。

売った後、必ず「読んでおいてよかった!」と思いますよ。

留袖ってどんな着物?

留袖の売却方法を知るには、まず「留袖」について知るのが大事。

「そもそも留袖ってどんな着物? 高く売れるの?」

そんな疑問をお持ちなら、まず留袖の基礎知識を学びましょう。

留袖には「黒留袖」と「色留袖」がある。

留袖は、地色が黒の「黒留袖」と、黒以外の「色留袖」があります。

格式が高いのは黒留袖で、ミセスの礼装で最高位の着物です。

黒留袖を着る場面は、主に結婚式。

子どもや親族の結婚式に列席する既婚女性や、仲人夫人が着る着物に用いられます。

色留袖も礼装ですが、黒留袖より格は下。

知人の結婚式や、叙勲・受賞などの式典で用いられます。

たとえばノーベル賞授与式で、日本人受賞者の奥様は、たいてい色留袖を着ています。

色留袖と訪問着の違いとは?

「家にある着物、色留袖と思っていたら訪問着だった」ということは非常に多いです。

色留袖と訪問着の見分け方は、上半身の柄の有無。

訪問着は肩から流れるように柄が入っていますが、色留袖には入っていません。

上半身が無地なら色留袖、肩から柄が入っていれば訪問着と考えてよいでしょう。

留袖はどこで買い取ってもらえるの?

留袖を買い取ってもらう方法は、次の4つです。

ネットオークション・フリマアプリ

オークションサイトやフリマアプリに出品し、入札者・購入者に留袖を売る方法です。

売却最低価格や希望売却価格を設定し、落札・購入されたら着物を送ります。

総合リサイクルショップ

本や家電、ブランド品など中古なら何でも買取OK。

もちろん着物も買い取ってくれます。

店舗に、留袖と身分証明書を持っていき売却します。

町の着物買取店・呉服屋さん

商店街を歩いていると着物専門の買取店や、買取OKの呉服屋があります。

お店に留袖を持っていけば、査定・買取をしてくれます。

ネットの着物専門買取業者

インターネットで展開している、着物専門の買取業者。

公式サイトから査定・買取を依頼します。

出張・宅配・店舗持込など買取方法が多種多様なので、ライフスタイルに合わせて売ることができます。

留袖を高く売るには、どこに売るのがおすすめ?

留袖を高く売るには、「ネットの着物専門買取業者」が断然おすすめです。

理由は次の5つです。

・どんな着物も買取OK。

・手数料ゼロ。

・売るのが楽。

・着物のプロが査定。

・トラブルがない。

では、1つひとつについて説明しますね。

どんな着物も買取OK。

ネットの着物専門買取業者は、どんな着物も買い取ってくれます。

オークションやフリマアプリは、買ってくれる人がいないと売上ゼロ。

また町の着物買取業者や呉服屋さんは、買取不可の恐れあり。

販路が非常に狭いため、確実に売れる着物しか受け付けてくれません。

よって家紋や汚れがあると、門前払いされてしまうんです。

ネットの着物専門買取業者は、どんな着物も買取OK。

海外等にも販路があるため、家紋や多少の汚れがあっても値段をつけてくれます。

手数料ゼロ。

ネットの着物買取業者は手数料ゼロ。

店舗にかかるコストをカットしているため、利用者から余計なお金をとりません。

オークションやフリマアプリは、出品料・手数料など出費がかさむもの。

ネットの着物専門買取業者なら出張料・査定料等すべて無料なので、ムダな出費がありません。

売るのが楽。

着物を高く売るには「楽に売る」ことも重要です。

オークションやフリマアプリだと、着物の撮影や梱包・配送などに膨大な時間をとられます。

その時間と手間、もったいないですよね。

ネットの着物専門買取業者は、とにかく売るのが楽。

出張買取なら、玄関に着物を広げておくだけでOKです。

着物のプロが査定。

ネットの着物専門買取業者は、着物のプロがしっかり査定。

安く買い叩かれることがありません。

総合リサイクルショップだと着物の知識がないため、不当に安い値段をつけられます。

着物を売るなら、着物に詳しい専門買取業者に頼みましょう。

トラブルがない。

ネットの着物専門買取業者は取引トラブルなし。

買取価格に納得がいかなければ、無料でキャンセル可能。

売った後も、クーリングオフで買取キャンセルができます。

オークションやフリマアプリだと、トラブルが心配。

「着物に汚れがあった」というクレームや「お金が振り込まれない」といった詐欺行為も多いです。

留袖を安全・確実に売るなら、個人に売るより法人に売るのが吉。

ネットの着物専門買取業者なら、トラブルなしで売却できます。

留袖を売るなら、ネットの着物専門買取業者がおすすめ。

確かな鑑識眼で価格をつけてくれますし、どんな着物も買取OK。

手数料もトラブルも手間もなし。

どこから見てもベストな方法です。

留袖の買取価格の相場は?

留袖の買取相場は3万円~5万円

高級なものだと、本加賀友禅の黒留袖が8万円前後

総京刺繍の色留袖が4万円前後となります。

ただし留袖の買取価格は青天井。

留袖は格式が高いため、有名作家の着物が多いです。

有名作家の着物だと20万円~50万円、人間国宝の着物だと80万円~100万円で売れます。

留袖を高く売るコツとは?

留袖は上手に売れば、買取価格がどんどんアップ。

高く売るコツを、あなただけに伝授しますね。

証紙をつける。

留袖は高級着物なので、たいてい証紙がついています。

産地の織物協同組合による検査済証や、国の伝統証紙がついていれば買取価格アップ。

作家の証紙や落款がついていれば、買取額は跳ね上がります。

留袖を売る際には、必ず証紙をつけましょう。

もちろん証紙がなくても買い取ってはもらえますが、買取額は低くなります。

化粧箱・たとう紙をつける。

留袖を化粧箱・たとう紙も一緒に保管している人、多いのではないでしょうか。

売却の際には、化粧箱・たとう紙もつけて売りましょう。

新品同様に見えるので、高く買い取ってもらえます。

汚れ・シミ・シワを取る。

留袖を売る際には、着物専門のクリーニングで汚れ・シミ・シワを取りましょう。

長年タンスの奥で眠っていると、シミが浮き出てきて、シワも当然できます。

「売る」と決めたら、着物のクリーニング店できれいにしてもらいましょう。

ネットの着物専門買取業者に売る。

しつこいようですが、留袖を高く売るなら「ネットの着物専門買取業者」一択。

着物のプロが品質にふさわしい価格で買い取り、手数料もかかりません。

買取額・手間・費用など全ての面で最も優れています。

テレビCMでもおなじみの着物買取業者は「着物買取バイセル」


当サイトで一番人気がある着物の買取業者は「着物買取バイセル」になります。

坂上忍さん出演のテレビCMでもお馴染みなのでご存知の方も多いと思いますが、おすすめの点は以下のになります。

おすすめのポイント
・買取実績は業界トップクラス

・査定額が他店よりも1円でも安ければ全品返却

・査定料、出張料などは無料

・訪問買取、持込買取、宅配買取に対応

・現金即払い、宅配なら即振込

・坂上忍さん出演のテレビCMも放映している会社なので安心安全

・日本全国対応

・申し込みから最短30分で訪問可能




買取の申し込みからの流れ



バイセルのテレビCMはこちらになります。



着物買取バイセルの口コミはこちらになります。

損してる?古い着物の買取で1円でも高く売りたいならどこがおすすめ?

着物買取バイセルの公式サイトはこちらをどうぞ。

着物買取バイセルの公式サイトを見てみる

さいごに

留袖は、家族の慶事に欠かせない着物。

安く買い叩かれたら、家族の思い出まで汚されてしまいます。

高値で売れば、みんながハッピーに。

天国のお母様も、きっと喜んでくれますよ。

よく読まれている記事

-着物の種類別の買取相場
-, ,

Copyright© 損してる?古い着物の買取で1円でも高く売りたいならどこがおすすめ? , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.