着物の種類別の買取相場

結城紬の着物買取の相場はいくらくらい?高く買い取ってもらえるコツはある?

更新日:

「不要な結城紬の着物があるんだけど売るといくらくらいするんだろう?」

何て疑問はありませんか?

着ることがなくなった着物、親から譲り受けた着物など着物が不要になることがありますよね。

今回は着物の中でも結城紬について解説したいと思います。

手放すか迷っている人は買い取り額を参考に検討することをおすすめします。

それではどうぞ。

結城紬とは?

結城紬は、主に茨城県と栃木県で作られる絹織物。

肥沃な鬼怒川沿いは養蚕に適していたため、誕生したと言われています。

結城紬の歴史は古く、起源は奈良時代にまでさかのぼることに。

当時、常陸国が特産品として朝廷に上納。

上納された布は、「長幡部のあしぎぬ」として奈良・正倉院に保管されています。

実はその「長幡部のあしぎぬ」こそ、日本の絹織物の原型。

質素で奥ゆかしい色合いは、堅実さを重んじる武家の間で評判に。

「長幡部のあしぎぬ」はいつしか「常陸紬」の名で、源頼朝も愛用。

鎌倉時代から江戸時代まで、下総国結城地方を統治した結城氏も「常陸紬」を愛し、「結城紬」と呼ばれるようになります。

結城紬は江戸時代以降、職工が改良してから人気に火がつき、町人の着物としても流通。

慎ましやかな渋い魅力は、世紀を越えて人々を魅了しつづけています。

もともと男性に好まれた結城紬ですが、女性にももちろん人気。

白洲正子や有吉佐和子など「目利きの女性」を虜にしたと言われています。

そんな結城紬のこと、日本も世界も放っておけない存在に。

1956年には国の重要無形文化財に指定され、1977年には「伝統的工芸品」に。

さらに2010年には、ユネスコの世界無形文化遺産に登録されました。

結城紬は絹織物の最高級品です。

結城紬の特徴

結城紬は、とにかく丈夫でしなやか。

着心地の良さ・使い勝手の良さが、多くの人に愛される理由です。

また、ふんわりとした暖かさも評判。

その理由は「糸」にあります。

結城紬の素材は生糸ではなく、真綿。

煮込んで柔らかくなった繭を引きのばし、乾燥させて真綿を作成。

さらに真綿を手でつむいでいくのですが、ここからがポイント。

多くの絹織物は糸に撚りをかけますが、結城紬は撚りをかけない「無撚糸」。

真綿を束からそのまま紡いでいくため、糸がたっぷり空気を含んでいくんです。

結城紬が「丈夫・しなやか・ふんわり暖か」な理由は、世界でも稀な「無撚糸」にあるんです。

堅牢さと着心地の良さ故、結城紬は三代で着る人も。

祖母・母・娘と、家族の歴史をまとうように着続ける女性も多いんです。

さらに結城紬の魅力といえば、渋みのある模様。

亀甲や格子、十字絣をベースに「総柄」「飛び柄」「帯状」「縞」などにも展開されていきます。

実はこの「絣」の技法こそ、結城紬が「高級」とされる理由。

結城紬の絣模様は、全て「手くびり」。

「手くびり」とは束ねられた真綿の糸の、染めない部分を手で縛って染める技法です。

この技法は、織物界屈指の手間と技術を要するもの。

結城紬が「最高級の紬」と言われる所以です。

また結城紬は、織り方も特殊。

「地機」という古くから使われていた織物で、地道に織り上げられます。

地機織りは、職人が体を張って織る手法。

経糸を腰で吊り、張り加減を調節しながら織っていきます。

少しでも気を抜くと、まっすぐ織れない大変な苦労を強いるもの。

しかし、「人間の体で織る」というところに着物の個性が現れ、結城紬の味となります。

結城紬は修行を積んだ職人が、並々ならぬ愛情をこめて織り上げるからこそ、「日本最高峰の織物」なのです。

結城紬の着物買取の相場は?

結城紬の買取価格は、着物のなかではかなり高め。

だからといって、安心してはいけません。

実は結城紬には二種類あります。

それは「国の重要無形文化財に指定されている結城紬」と「指定されていない結城紬」です。

重要無形文化財指定の結城紬は、「真綿から手つむぎ」「手くびり」「地機織り」という条件がそろっています。

一方、「指定されていない結城紬」は高機などで織られたもの。

買取価格は、両者の間でかなり違います。

重要無形文化財に指定されているものなら、買取価格は100,000円~300,000円

指定されていないものの場合、数千円~50,0000円程度になります。

他の織物に比べれば高いですが、指定されていない着物だと、やや期待外れの値がつくことも・・・。

結城紬の着物、高く買い取ってもらえる種類とは?

結城紬のうち高く買い取ってもらえるのは、次のような着物です。

国の重要無形文化財に指定されているもの。

「買取価格の相場」でもお伝えしましたが、結城紬は「国の重要無形文化財に指定されているもの」が高く売れます。

お持ちの着物が重要無形文化財指定のものかどうかは、ラベルを見れば一目瞭然。

「結」という文字のラベルがついていれば、「国の重要無形文化財の条件を満たした着物」と判断できます。

一方、「紬」という文字のラベルは、重要無形文化財指定ではありません。

地機織りのもの。

結城紬は「地機」か「高機」かで価値が違ってきます。

職人が身体感覚で織る「地機織り」こそ、「世界遺産・伝統的工芸品・重要無形文化財」といえるもの。

買取価格はずっと高くなります。

では、どこを見れば「地機」か「高機」かがわかるかというと、検査証のラベル。

「地機織り」にも「高機織り」にも、「本場結城紬検査之証」という証紙はついています。

違いは、ラベルの色と文字。

「地機」の結城紬には、緑色のラベルに「本場結城紬検査之証 地機」の文字。

「高機」の着物には、赤色のラベルに「本場結城紬検査之証 高機」の文字が入っています。

何気なく見ている着物のラベル。

ちょっとした違いで価値は大きく違ってくるので、よ~くチェックしましょう。

亀甲の数が多いもの。

紬の象徴「亀甲柄」。

その亀甲がどれだけ細かいかで、着物の価値は変わります。

結城紬には「亀甲の数」というものが記されていますが、80、100、150などさまざま。

数が多いほど亀甲が細かくなるので、買取価格は高くなります。

200を超えると非常にレアになるため、かなり高値で売れます。

絣が細かいもの。

結城紬には、布の風合いをそのまま味わえる無地や縞模様もあります。

でもやっぱり高価格なのは、「絣」。

絣模様は無地・縞よりも職人の手が多くかかっており、価値が高くなります。

そのなかでも、絣模様が細かいものほど高値で売れます。

結城紬の着物を高く買い取ってもらうコツとは?

日本最高峰の織物だけあり、買取価格が非常に高い結城紬。

結城紬をさらに高く買い取ってもらうには、どうすればよいのでしょうか。

証紙を全てつける。

結城紬は品質検査が非常に厳しく、証紙がたくさんついてきます。

証紙は以下の6枚です。

・本場結城紬検査協同組合による「合格」ラベル。

・「結」(または「紬」)「糸とり婦人図」「紬検査証」の3枚セット。

本場結城紬卸商協同組合の証紙です。

・「真綿手紬糸100%」の証紙。

・「本場結城紬検査之証」の証紙。

これら6枚が全てそろっていれば、高く買い取ってもらえます。

桐箱や着物ケースに入れる。

結城紬は、化粧箱・桐箱・着物ケースなどに入れて売ると、高値がつきます。

日頃からケースに入れ、ホコリがつかないようにする。

結城紬を保管するときには、必ず化粧箱やケースで。

ホコリ・汚れ・経年ジミを防げば、高く買い取ってもらえます。

また、「もう着ない」と判断したら早めに売りましょう。

テレビCMでもおなじみの着物買取業者は「着物買取バイセル」


当サイトで一番人気がある着物の買取業者は「着物買取バイセル」になります。

坂上忍さん出演のテレビCMでもお馴染みなのでご存知の方も多いと思いますが、おすすめの点は以下のになります。

おすすめのポイント
・買取実績は業界トップクラス

・査定額が他店よりも1円でも安ければ全品返却

・査定料、出張料などは無料

・訪問買取、持込買取、宅配買取に対応

・現金即払い、宅配なら即振込

・坂上忍さん出演のテレビCMも放映している会社なので安心安全

・日本全国対応

・申し込みから最短30分で訪問可能




買取の申し込みからの流れ



バイセルのテレビCMはこちらになります。



着物買取バイセルの口コミはこちらになります。

損してる?古い着物の買取で1円でも高く売りたいならどこがおすすめ?

着物買取バイセルの公式サイトはこちらをどうぞ。

着物買取バイセルの公式サイトを見てみる

さいごに

今回は結城紬の買取相場について解説しました。

日本が世界に誇る絹織物「結城紬」。

証紙が多いので査定も大変ですが、それだけの価値は間違いなくあります。

着物に実績のある業者なら、高く評価・買取してくれますよ。

是非、一度査定してもらうことをおすすめします。

よく読まれている記事

-着物の種類別の買取相場
-, , ,

Copyright© 損してる?古い着物の買取で1円でも高く売りたいならどこがおすすめ? , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.