着物の種類別の買取相場

本塩沢の着物買取の相場はいくらくらい?高く買い取ってもらえるコツはある?

更新日:

「不要な本塩沢の着物があるんだけど売るといくらくらいするんだろう?」

何て疑問はありませんか?

着ることがなくなった着物、親から譲り受けた着物など着物が不要になることがありますよね。

今回は着物の中でも本塩沢について解説したいと思います。

手放すか迷っている人は買い取り額を参考に検討することをおすすめします。

それではどうぞ。

本塩沢とは?

本塩沢は、新潟県は南魚沼群・塩沢町(現在は南魚沼市に編入合併)で生まれた織物。

起源は奈良時代にまでさかのぼり、正倉院に、塩沢地方の麻織物が保存されています。

実は塩沢地方は昔から、「織物にぴったりの地域」と言われていました。

麻の織物は織りあがった後、「お湯でもむ」ことと「雪さらし」が必要。

温泉も雪も豊富な塩沢地方は、麻織物が発展する条件がそろっていたんです。

塩沢の織物は、その後、麻需要の低下とともに絹に転向。

絹織物になってから、品質の良さと美しさはさらに評判を呼び、「塩沢お召」の名で親しまれるようになります。

この「お召」という名が、本塩沢が高級である証。

徳川第11代将軍・徳川家斉が好んで着用。

その後、徳川家の着物(御召料)として「身分の高い者の御召物=御召」という名がついたんです。

「高貴な人のお召し物」という地位は今も健在。

1959年には、当時の皇太子殿下ご成婚のお祝いとして、「本場塩沢絣」が献上されています。

本塩沢は、1976年に「経済産業省(当時通産省)指定伝統的工芸品」にも指定。

雪国ならではの歴史・伝統・技術を今に伝える織物として、色あせぬ名声を得ています。

本塩沢の特徴

本塩沢の特徴といえば、「シボ」と「シャリ感」です。

「シボ」とは織物の表面に現れる、波状の細かなシワ。

繊細な縮緬が涼し気な「シャリ感」を醸し出し、着る人も見る人も爽快感に包まれます。

この繊細な縮緬ができるのは、本塩沢ならでは。

かつて文人が「魚沼郡の雪は縮の親といふべし」と語ったように、塩沢だからこそできる技術なんです。

さらにこの縮緬技法、気候だけに甘えたものではありません。

職人の努力と手間、長年かけて積み上げられた技能は相当なもの。

まず先に染めた絹糸に強い撚り(より)をかけ、緯糸として織りあげていくのですが、「撚り」をかける回数が天文学的。

普通の生糸が600~800回程度撚りをかけるところを、本塩沢の生糸は2000回以上撚りをかけてから「織り」に入ります。

その後、湯にもみこみ、糸が戻ろうとする力を利用して「シボ」(縮)を出していくのです。

本塩沢の清涼感ある細かな縮緬は、気が遠くなるほど回数を重ねた「強い撚り」で生み出されるんですね。

さらに本塩沢といえば、精緻な絣模様が特徴。

経糸と緯糸を1本1本手作業で柄合わせして、絣を構成。

十字絣や亀甲絣といった、美しい絣模様に仕上げていきます。

まるで針先でトトトトトッ・・・と描いたような細かさは、伝統に裏打ちされた「確かな技術力」を思わせます。

本塩沢は、友禅のような派手さはないかもしれません。

しかし冷たい雪と温かなお湯、そして雪国の人々の辛抱強さから生まれた「美」は、「真の高貴さ・気高さ」をそこはかとなく感じさせます。

本塩沢の着物買取の相場は?

本塩沢は伝統的工芸品で、「生糸・御召」という好条件がそろっています。

よって、おしゃれ着としては買取価格が高め。

平均は15,000円~25,000円ぐらい

保存状態や品質によっては数万円~数十万円で売れる場合もあります。

本塩沢の買取価格の特徴は、夏用の単衣でも高値なこと。

一般に、サラッとした単衣は買取価格が低めです。

でも本塩沢の場合、単衣こそ魅力的。

単衣でも20,000円前後で買い取ってもらえます

本塩沢の着物、高く買い取ってもらえる種類とは?

実は本塩沢は、買取価格の幅が広め。

カジュアルにもフォーマルにも着られるため、安いものと高いものの差が激しいんです。

そうなると自ずと「どんな着物なら高いのか」が気になりますよね。

では、高く売れる本塩沢とはどんな着物なのでしょうか。

やまだ織の着物

本塩沢で、何と言っても高く売れるのは「やまだ織」の着物です。

「やまだ織」は、南魚沼市塩沢にある織物企業。

大正2年創業の老舗で、本塩沢では最大のシェアを誇ります。

やまだ織のブランド「雪の中のきれ」は、全国伝統的工芸品展で通産大臣賞を受賞。

天皇皇后両陛下御成婚の際に、「本場塩沢絣」を献上したのも「やまだ織」です。

織物企業のなかで、信頼度抜群の「やまだ織」。

「やまだ織」製の着物なら、高く売れると思って間違いありません。

有名ブランドショップで買った着物

本塩沢は、有名ブランドショップで売られたものだと高値がつきます。

たとえば、銀座で長く営業する「銀座もとじ」。

着物ファンの間では、一度は訪れたい有名店。

なかには「着物が好きで、銀座もとじに就職した」という人もいるほどです。

「銀座もとじ」で買った本塩沢は品質が確かなので、10万円以上で買い取ってもらえることが多いです。

亀甲の数が多い着物

本塩沢の亀甲絣には「100亀甲」や「150亀甲」など「亀甲の単位」が書かれています。

数が多ければ多いほど、人の手が多くかかっており、糸の密度が高いです。

本塩沢のなかでも「亀甲の数が多い着物」は、高値で売れます。

蚊絣の着物

本塩沢の「十字絣」のなかで、特に高値で売れるのは「蚊絣」の着物です。

蚊絣とは「蚊の群れ」のように細かい絣模様で、経糸と緯糸の絣合わせが非常に難しいため、新品で買うと非常に高額。

当然、買取価格も高くなります。

証紙つき

本塩沢にはいくつもの証紙がつきます。

「経済産業大臣指定伝統的工芸品」の証紙、塩沢織物工業協同組合の証紙、産地統一商標の証紙、そして織物企業の商標・・・。

本塩沢についてくる証紙・商標の多さは、他に類を見ないもの。

証紙や商標が多くついているほど、高値で買い取ってもらえます。

本塩沢の着物を高く買い取ってもらうコツとは?

本塩沢は、買取価格の幅が広く、売り方によっては2ケタ違ってくることもあります。

そうなると、「少しでも高く買い取ってもらうコツ」を知っておきたいですよね。

あなたの持ってる本塩沢、どうすれば高く買い取ってもらえるのでしょうか。

証紙をつける。

本塩沢はとにかく証紙が多いです。

かつて「偽物」が横行したという黒歴史があるからでしょう。

よって、本塩沢については買取業者も慎重に査定。

偽物の疑いが少しでもあると、ガンッと買取価格が安くなります。

「本物である」と証明するためにも、証紙はあるだけつけましょう。

日頃から、濡らさないように注意しよう!

本塩沢は濡れると大変。

一度水を含んでしまうと、縮んだ生地がさらに縮み、もとに戻らなくなります。

原状回復が難しいと、買取価格は思いっ切りダウン。

本塩沢の着物を着る際には、撥水加工をしたり、雨の日には着ない等、濡らさないよう心がけましょう。

虫食いが起こる前に、早く売る。

本塩沢は虫食いが目立ちやすい着物です。

虫食いなどがあった日には、買取価格は信じられないほど安くなってしまいます。

本塩沢を買ったものの、「頻繁に着る予定がない」「もう着ないかも・・・」と思ったら、早めに売るのがベター。

何しろ高値で売れる伝統工芸品。

虫食いひとつで二束三文で買い取られてしまっては、つまらないですよね。

防虫対策に自信がもてないならサッと売り、数万円手にしたほうがずっといいです。

テレビCMでもおなじみの着物買取業者は「着物買取バイセル」


当サイトで一番人気がある着物の買取業者は「着物買取バイセル」になります。

坂上忍さん出演のテレビCMでもお馴染みなのでご存知の方も多いと思いますが、おすすめの点は以下のになります。

おすすめのポイント
・買取実績は業界トップクラス

・査定額が他店よりも1円でも安ければ全品返却

・査定料、出張料などは無料

・訪問買取、持込買取、宅配買取に対応

・現金即払い、宅配なら即振込

・坂上忍さん出演のテレビCMも放映している会社なので安心安全

・日本全国対応

・申し込みから最短30分で訪問可能




買取の申し込みからの流れ



バイセルのテレビCMはこちらになります。



着物買取バイセルの口コミはこちらになります。

損してる?古い着物の買取で1円でも高く売りたいならどこがおすすめ?

着物買取バイセルの公式サイトはこちらをどうぞ。

着物買取バイセルの公式サイトを見てみる

さいごに

今回は本塩沢の着物の買取という事で解説しました。

雪深い土地で育まれた美の結晶、本塩沢。

細かなところで価値が分かれるので、買い取りは専門業者に任せるのが吉。

価値のわかる業者に見てもらえば、納得のいく取引ができますよ。

よく読まれている記事

-着物の種類別の買取相場
-, , ,

Copyright© 損してる?古い着物の買取で1円でも高く売りたいならどこがおすすめ? , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.