着物の種類別の買取相場

絞りの着物買取の相場はいくらくらい?高く買い取ってもらえるコツはある?

投稿日:

 

「不要な絞りの着物があるんだけど売るといくらくらいするんだろう?」

何て疑問はありませんか?

着ることがなくなった着物、親から譲り受けた着物など着物が不要になることがありますよね。

今回は着物の中でも絞りについて解説したいと思います。

手放すか迷っている人は買い取り額を参考に検討することをおすすめします。

それではどうぞ。

絞りとは?

「絞り」は「染め」の技法のなかでも、特に歴史が深いもの。

6~7世紀頃から、1500年近く日本で愛されてきました。

「絞り」の技法はとっても特殊。

「染め」の技法であるにも関わらず、「染まらない部分を作る作業」からスタート。

染料に浸す前に「糸でくくる」「板ではさむ」「縫って締める」等の加工をほどこし布を防染。

布を広げると防染した部分が白く残り、絞った部分が隆起。

見事な立体感ある仕上がりになります。

「絞り」のボリューミーな見た目は、江戸時代、富の象徴として大流行。

大名や豪商たちが、争うように「絞り」の着物を身にまといました。

しかしその高級感が仇となり、幕府の奢侈禁止令(ぜいたくを禁じた法律)の対象に。

今ではそんな過去を味方につけ、「高級感ある美の象徴」として君臨しつづけています。

最近では、卓球の福原愛さんが「絞り」の着物で結婚会見。

「絞り」のふくよかな華やかさが最上級の幸せを演出し、話題となりました。

絞りの特徴

「絞り」の特徴は、何と言っても「ゴージャスな見た目」。

実際、絞りの着物は超高級なのですが、それには理由があります。

防染の技法は100種類近くにのぼり、それぞれ大変な技術と手間が必要です。

たとえば「布を糸でくくる」技法。

絞り1粒分をつまみ、絹糸で約10回くくるわけですが、その粒の数たるや10万粒~30万粒。

しかも「絞り」は1人の職人が1枚の着物を担当するため、その苦労は大変なもの。

熟練した技術者が3年近くかけて作るといわれています。

高級なのも当然ですね。

さらに「絞り」の特徴として欠かせないのが、表現の幅が広いこと。

他の着物は柄を2D(平面)で表現しなければなりませんが、立体感ある「絞り」は3Dで表現可能。

色や模様に、「ポコポコ感」「波打つようなうねり」「不規則なしわ」といった3D要素が加わるため、表現に広がりが出ます。

また「絞り」による立体感は、模様に生命を吹き込むもの。

花弁一枚とっても、絞り染めの花弁は朝露を含んだようなふくらみがあります。

着物に詳しくない人でも、「絞り」を見ると思わず「高そう~!」と言ってしまうもの。

「絞り」が見る人を唸らせる理由、それは立体感が生み出す「迫力」にあるんです。

なお「絞り」は、礼装として着るには注意が必要。

紋が入れられないので、結婚式のホスト(新郎新婦の母親など)として着るのは避けたほうが良いでしょう。

でも「絞り」が最高級品なのは、紛れもない事実。

親戚・友人の結婚式や祝賀会といった特別な場には、どんどん着ていきましょう。

ちなみに「絞り」は、浴衣でも高級感あり。

「絞り浴衣」なら、おしゃれなレストランに入っても失礼にあたりません。

また絞りの浴衣は、生地が凹凸で風通しが良いため、機能性にも優れています。

絞りの着物買取の相場は?

「絞り」の着物の買取価格は、2種類に分けて考える必要があります。

それは「京絞り」と「地方絞り(有松絞り・鳴海絞り)」。

京都生まれの「京絞り」は、訪問着や振袖などフォーマルな着物。

愛知や大分で生まれた「地方絞り」は、浴衣などラフな装いに使われます。

フォーマルとカジュアルでは当然、買取価格も違うもの。

それぞれ、どれぐらいの値がつくのか見てみましょう。

「京絞り」による「総絞り」は数十万~100万円以上!

「京絞り」の着物は、ぜいをこらした超高級品。

特に全面に絞りをほどこした「総絞り」となると、買取価格は青天井。

売る人が少なく希少価値も高いため、非常に高く売れます。

「京絞りによる総絞り」の買取価格は、安く見積もっても20万円~50万円。

100万円以上の値がつくこともザラです。

「絞り浴衣」は、浴衣のなかでも高価格!

「地方絞り」の買取価格はやや低め。

浴衣などカジュアルファッションに使われるため、「京絞り」より安くなるのは仕方ありません。

とはいえ、さすが絞り染め。

「絞り浴衣」は浴衣のなかでは最上ランク。

他の浴衣が200円~1,000円のところを、「絞り浴衣」なら5,000円~20,000円ぐらいで買い取ってもらえます。

絞りの着物、高く買い取ってもらえる種類とは?

「絞り」の着物のうち、高く買い取ってもらえるのは次の5つです。

「京鹿の子絞り」による総絞り

生地を小さくつまんで作る「京鹿の子絞り」は、大変な技術と時間が投入された着物。

なかでも粒が細かい「疋田絞り」となると、買取価格は目をむくほど高くなります。

そんな「疋田絞り」が全面にほどこされた「総疋田絞り」は、軽く50万円ぐらいの値がつきます。

「辻が花」の「総絞り」

「辻が花」の着物は、他の着物でも高価格。

なかでも「辻が花の総絞り」は別格。

ふっくらとした生地のなかに、花や鳥が鮮やかに描かれた様は、自然界がそのまま溶け込んだような美しさがあります。

よって「辻が花の総絞り」は非常に高値で売れます。

浴衣は、粒が細かくスタンダードなデザインのものが高値!

比較的、買取価格が低めの「絞り浴衣」。

でもデザインや「絞りの技法」によっては高価格。

粒が細かく凹凸が多いものは、高級感があるため買取価格が高くなります。

また「紺地に白」など、スタンダードな色・デザインのものも高価格。

はやりすたりがないため、高値で買い取ってもらえます。

国産のもの

実は「絞り」は、海外製のものが多め。

非常に手間・人件費がかかるため、中国などに委託生産していることが多いんです。

海外製が悪いわけではありませんが、高く売れるのは、やはり「国産」です。

人間の手で作られたもの

しつこいようですが、「絞り」は非常に手間がかかります。

よって、「絞り」の生産はどんどん機械化されています。

それだけに、人の手で作られた「絞り」は別格。

買取価格は格段に高くなります。

絞りの着物を高く買い取ってもらうコツとは?

ただでさえ高値で売れる「絞り」の着物。

もっと高く売るには、どうすればよいのでしょうか。

「伝統証紙」「産地証紙」をつける。

「京鹿の子絞り」は、国の指定を受けた伝統工芸品。

売る際には、それを証明する「証紙」をつけると高く売れます。

できれば2つの証紙がついているとベター。

1つは、伝統的工芸品産業振興協会が発行する「伝統証紙」。

もう1つは、京都絞工業協同組合あるいは京鹿の子絞振興協同組合が発行する「産地証紙」。

「京鹿の子絞り」はこれら2つをつけることで、高く買い取ってもらえます。

保管する時、上に物を置かない。

絞りの着物は、へこんだりクセがついたりすると直せません。

また、せっかくのポコポコ感がのっぺりしてしまっては、買取価格がガーンと下落します。

絞りの着物を保存する際には、上に物を置かないようにしましょう。

「絞り浴衣」は売り時が勝負!

「絞り浴衣」は、売る時期によって価格が違ってきます。

おすすめ時期は、浴衣需要が高まる4月~7月。

「浴衣を買いたい!」というボルテージが高まる時期に「絞り浴衣」を売ると、高く買い取ってくれます。

テレビCMでもおなじみの着物買取業者は「着物買取バイセル」


当サイトで一番人気がある着物の買取業者は「着物買取バイセル」になります。

坂上忍さん出演のテレビCMでもお馴染みなのでご存知の方も多いと思いますが、おすすめの点は以下のになります。

おすすめのポイント
・買取実績は業界トップクラス

・査定額が他店よりも1円でも安ければ全品返却

・査定料、出張料などは無料

・訪問買取、持込買取、宅配買取に対応

・現金即払い、宅配なら即振込

・坂上忍さん出演のテレビCMも放映している会社なので安心安全

・日本全国対応

・申し込みから最短30分で訪問可能




買取の申し込みからの流れ



バイセルのテレビCMはこちらになります。



着物買取バイセルの口コミはこちらになります。

損してる?古い着物の買取で1円でも高く売りたいならどこがおすすめ?

着物買取バイセルの公式サイトはこちらをどうぞ。

着物買取バイセルの公式サイトを見てみる

さいごに

着物のなかで、最もぜいたくな絞り染め。

売りたがらない人が多いため、売ればあたりが大きいもの。

高額買取が期待できるので、「われこそは!」と売ってみてはいかがでしょうか。

よく読まれている記事

-着物の種類別の買取相場
-, , ,

Copyright© 損してる?古い着物の買取で1円でも高く売りたいならどこがおすすめ? , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.