着物の種類別の買取相場

越後上布の着物買取の相場はいくらくらい?高く買い取ってもらえるコツはある?

更新日:

「不要な越後上布の着物があるんだけど売るといくらくらいするんだろう?」

何て疑問はありませんか?

着ることがなくなった着物、親から譲り受けた着物など着物が不要になることがありますよね。

今回は着物の中でも越後上布について解説したいと思います。

手放すか迷っている人は買い取り額を参考に検討することをおすすめします。

それではどうぞ。

越後上布とは?

越後上布は、新潟県の代表的な麻織物。

主に南魚沼市・小千谷市・十日町で生産されています。

越後上布の歴史はたいへん古く、1200年以上。

天平3年(西暦731年)、越後国から朝廷に献上。

「越布」として、現在も奈良東大寺正倉院に収められています。

越後上布は後も、身分の高い者に納める布として活躍。

鎌倉時代には、征夷大将軍就任の贈り物に越後布を採用。

室町時代以降も、上杉氏が越後布を重用し足利氏に贈呈。

何と豊臣秀吉に贈られたとの記録もあります。

「越後布の歴史」はそのまま「日本の権力者の歴史」といえるんです。

さらに江戸時代には、幕府への上納品として用いられることに。

「幕府への上納品」という意味で「上布」という名がつきました。

越後上布は、日本では右に出るものがいない「麻織物の最高級品」なのです。

そんな「日本の歴史に欠かせない存在」だけあり、1955年、「国の重要無形文化財」に指定。

2007年にはユネスコの世界無形文化遺産に登録されました。

越後上布の特徴

越後上布の特徴は、何と言っても「薄さ」と「軽さ」。

透けるような軽やかさは「蝉の羽」や「天保銭の穴をもとおる」など、様々な言葉で称えられてきました。

薄くて軽ければ当然、通気性抜群。

ジメジメとした日本の夏にピッタリで、朝廷や武将の間でも「盛夏の着物として最上級」と愛されつづけました。

越後上布の涼しさの秘密は、まず素材にあります。

材料である苧麻(ちょま)は、天然繊維のなかでも特に吸湿性・速乾性に優れた素材。

しかも熱伝導性が高く、体温を放出する力が強いので、常にヒンヤリとした感触をもたらします。

苧麻は丈夫で、水に強いという長所もあるんですよ。

また越後上布は、輝くような美しさも魅力。

苧麻は分子構造の関係で、光沢を放つ力があります。

さらに越後上布を美しくするのが、名物「雪さらし」。

雪は太陽光で溶けるとオゾンを発生。

このオゾンは殺菌・漂白作用があるため、布の汚れが落ち、柄がくっきりと浮き上がります。

越後上布は機能性・芸術性ともに、非常に優れた織物なんです。

さすが最高級品といわれるだけありますね。

越後上布は制作過程も独特。

まず苧麻を収穫したら茎の皮をはぎ、繊維を取り出し乾燥。

「青苧(あおそ)」という状態にします。

次に「手績み(てうみ)」という作業に入るわけですが、そのプロセスは気が遠くなるもの。

青苧を爪で細かく裂き、極細になった糸を1本1本撚って紡いでいくのです。

手績みされた糸は、人間の髪の毛ほどの細さで、しかも太さが均一であることが必要。

他の織物より一歩も二歩も抜きん出た技術力が求められるんです。

機能性と芸術性、そして人間の極限を超えた巧緻性・・・この三拍子がそろっているから、越後上布はいつの時代も「最高級」なのです。

越後上布の着物買取の相場は?

越後上布の買取価格は、年々上がっています。

以前までは新品価格の10分の1程度で、3万円~4万円程度が相場でした。

しかし今、原料の苧麻が採れなくなり生産量が激減。

江戸時代は30万反織られていたのが、現在は1万分の1の「30反」となっています。

後継者も減っており、今、越後上布は絶滅の危機に瀕しているんです。

よって越後上布は希少性が高く、買取価格がアップ。

現在の相場は平均5万円~7万円

保存状態によっては10万円ぐらいの値がつきます。

さらに未使用のものだと、50万円前後で買い取ってもらえることもあります。

越後上布の着物、高く買い取ってもらえる種類とは?

麻織物の最高級品で、希少価値の高い越後上布。

ものによっては、売ったお金で海外旅行にも行けます。

では越後上布のうち、どんな着物が高く売れるのでしょうか。

重要無形文化財に指定されているもの苧麻

越後上布には、「重要無形文化財に指定されているもの」と「そうでないもの」があります。

重要無形文化財に指定されているものは、次の5つの条件を備えています。

・すべて苧麻を手うみした糸を使用すること。

・絣模様をつける場合は手くびりによること。

・いざり機で織ること。

・しぼとりをする場合は、湯もみ、足ぶみによること。

・さらしは、雪ざらしによること。

これらの条件を備え、重要無形文化財に指定されていれば、高値で買い取ってもらえます。

ちなみに「重要無形文化財指定外の着物」とは、機械紡績の麻糸を使っているものが挙げられます。

有名作家のもの。

越後上布は有名作家の着物だと、非常に高く売れます。

なかでも高額なのは、小河正義、桑原功、鈴木苧紡庵(すずきちょぼうあん)の作品。

小河氏は経済産業大臣認定の伝統工芸士で、桑原氏は東日本伝統工芸展で「川徳賞」を受賞。

鈴木氏は日本伝統工芸展で日本放送協会会長賞などを受賞しています。

この御三方のなかで、最も高値がつくのは小河正義の着物。

麻匠トップと言われる人物なので、圧倒的に高く売れます。

柄が細かいもの。

越後上布は着心地の良さに目がいきがちですが、模様の美しさにも注目。

代表的な柄は亀甲絣や斜め格子、縞などです。

そのなかでも高く売れるのは、模様が細かいもの。

特に亀甲模様が非常に細かい「120亀甲」「200亀甲」となると、買取価格はグンと高くなります。

サイズが大きめなもの。

いくら高級な越後上布でも、サイズが小さいと価格は低くなります。

一方、サイズが大きい着物だと買取価格はアップ。

そのまま着ることもできますし、仕立て直しもできるので、高く買い取ってもらえるんです。

身丈160cm以上の女性ものなら、買取価格は高くなります。

越後上布の着物を高く買い取ってもらうコツとは?

越後上布はただでさえ買取価格が高め。

「もっと高く売ろうなんて、そんな図々しいこと・・・」なんて思ってしまうかもしれません。

でもこの際、そんな遠慮は不要。

着物はあなたの歴史を物語るもの。

「高く買い取ってもらうこと」は、「あなたの価値を高めること」にもなるんです。

高く売るコツを知り、満足のいく取引をしましょう。

証紙をつける。

越後上布のような高級織物は、証紙が命。

証紙は、主に次の2つです。

・「重要無形文化財 ユネスコ無形文化遺産登録」と書かれたもの

・越後上布小千谷縮技術保存協会の「確認之証」と入った割印

その他、有名作家のものなら作家名の入った証紙もついています。

お持ちの越後上布が本物であること、さらに高品質のものであることは「証紙」が全て物語ります。

売る際には必ず証紙をつけましょう。

専門店で洗ってもらう。

越後上布を高く売るには、きれいな状態で売るのがベスト。

夏に着る越後上布は、汗ジミができやすいので、必ず洗濯してから売りましょう。

でも「麻だから自宅で洗えるわよね」と思ったら大間違い。

確かに絹織物とは違い、麻織物は自宅で手洗いできます。

ですが、越後上布のような高級品となると話は違う!

着物クリーニングの専門店で洗ってもらいましょう。

もう着る予定がないのなら、クリーニングしてすぐに売るのも手です。

テレビCMでもおなじみの着物買取業者は「着物買取バイセル」


当サイトで一番人気がある着物の買取業者は「着物買取バイセル」になります。

坂上忍さん出演のテレビCMでもお馴染みなのでご存知の方も多いと思いますが、おすすめの点は以下のになります。

おすすめのポイント
・買取実績は業界トップクラス

・査定額が他店よりも1円でも安ければ全品返却

・査定料、出張料などは無料

・訪問買取、持込買取、宅配買取に対応

・現金即払い、宅配なら即振込

・坂上忍さん出演のテレビCMも放映している会社なので安心安全

・日本全国対応

・申し込みから最短30分で訪問可能




買取の申し込みからの流れ



バイセルのテレビCMはこちらになります。



着物買取バイセルの口コミはこちらになります。

損してる?古い着物の買取で1円でも高く売りたいならどこがおすすめ?

着物買取バイセルの公式サイトはこちらをどうぞ。

着物買取バイセルの公式サイトを見てみる

さいごに

麻織物の最高峰・越後上布。

生産量が減っているのは悲しいですが、そのぶん、あなたの越後上布を心から待っている人がいます。

着物の価値がわかる買取業者に、今すぐ相談してみましょう。

よく読まれている記事

-着物の種類別の買取相場
-, , ,

Copyright© 損してる?古い着物の買取で1円でも高く売りたいならどこがおすすめ? , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.