着物の買取

古い着物の買取相場。高く売るためにポイントとは?

投稿日:

 

「古い着物って生地や色でも買い取り価格が変わるの?」

「正絹の着物の買取相場ってどのくらいなの?」

「高価買い取りが期待できる着物ってどんな物?」

「古い着物を買い取ってくれるのはどこが良いの?」

古い着物と言っても、着物には生地や種類もさまざま、保存状態やサイズ・色などによってもずいぶんと買い取り価格も変動してしまいます。
そこで今回は古い着物の買取相場を理解して、より高く着物を売るためのポイントについてご紹介していきましょう。

着物の買取相場とは

それではまずは着物の買取相場について紹介していきたいと思います。

着物の生地や色によって買取相場が変わる

着物の買取相場は生地や色によって、大きく買取相場が変わってきます。
着物の場合、主に絹で織られるものが主流で、麻や木綿の天然素材を使用して織るのが基本とされていて、正絹は一番格が高いとされています。
しかし中には、前後に普段着用として流通していたウールの着物や化学繊維を使用している着物となると、絹で織られている着物と比べると価値が低くなります。
人間国宝の作品となると、かなりの高値で取引が行われる場合もありますが、着物の状態や色やデザインなどによってもずいぶんと買い取り相場は変動してしまいます。

着物の種類で買取相場が変わる

一般的に着物の種類の中で一番高値で取引されるのは訪問着で、結婚披露宴やパティー、入学式や卒業式など一般的な行事などでも着る機会が多いために、高値で取引されやすくなります。
また振り袖も着物の種類の中では人気が高いですが、流行や柄や色などによって判断されるために、相場金額は変動しやすい特徴があります。
一方喪服については着る機会が限定される事や、家紋入りの着物なども多いことから、いくら質の良い物でもあまり高値は期待できません。

正絹の着物の買取相場

正絹の着物は、他の素材の着物と比較しても一番格が高いとされていて買い取り価格も高値で取引されています。
実際の正絹の着物の買取相場がどのくらいなのかについてご紹介しましょう。

160㎝前後の標準体型の着物が人気

一般的な洋服と同じで、使用したいと思う人が多いほど高く売れることになるので、一番売れ筋となるのが体型的にも標準型で、サイズも平均身長の160㎝前後ほどのサイズが高値で取引されます。
仮に有名な作家さんの作品の1点ものなど、希少価値が高いとされる着物であっても、極端に小さいサイズなどになると、あまり高値にはなりにくくなります。

実際の正絹の着物は1万円から数十万円まで

訪問着や振り袖、付け下げ、色留め袖、黒留め袖なとは活用する機会が多いことから、それだけに需要も見込まれるために買い取り価格は高値がつきやすくなります。
未使用の着物や購入年数がまだ浅い着物、希少価値のある着物などの場合は、やはり高値になる場合が多く、高価で買い取られる場合には何十万円の値が付くこともあります。
しかし何十万円という値が付くのは人間国宝間作家の作品などで、証紙などで本物が保証される物に限られます。
一般的な正絹の着物の場合の多くは、比較的状態の良い物であれば、1万円程から数万円ほどの価格で取引されることが多いです。

訪問着の買取相場は

あらたまった場所での正装として使用される着物が「訪問着」で、様々な式事に利用出来る着物でありながら、なかなか着る機会が無くてと手放す方も少なくないようです。
訪問着の生地に使用されているのは、縮緬(ちりめん)や綸子(りんず)などの高級な正絹がほとんどで、品質の高さと需要の多さから高値になるケースが多いです。
特例の人間国宝の作品などを除けば、一般的な訪問着であれば8,000円から20,000円前後で取引され、未使用品の場合だと30,000円から45,000円ほどでの買取になるようです。

振り袖の買取相場は

勝手の着物の袖は筒状でしたが、時代と共に少しずつ長くなっていき、現在では一般的な着物の袖丈の着物の場合「留め袖」と呼ばれるようになっていきました。
その後裕福な家庭の子どもや若い女性用の着物として作られるようになっていったのが、現在の振り袖と言われています。
現代においては、振り袖は未婚の女性の最も格式の高い第一礼装になっているので、買い取り価格についても鑑定に詳しい業者ほど高値で買い取られる可能性が高くなります。
中古の場合は10,000~40,000円ほどで、帯と襦袢の3点セットでの未使用品となると、50,000~60,000円ほどの買い取り価格となります。

その他の着物の買取相場

正絹の着物の買い取り相場をご紹介してきましたが、それでは正絹以外の麻・木綿・化繊やウールといった繊維で作られている着物の買取相場についてご紹介しましょう

麻の場合の買取相場

麻の着物は、植物の麻からつくられている夏限定の着物として利用されていて、裏地をつけないで着られていて、普段着として利用されるので便利です。
麻は水分を吸収しやすく通気性が良いので、汗をかきやすい夏の使用にはとても重宝されますが、デメリットとしてはシワになりやすい事があります。
麻の場合には、フォーマルでの利用の機会が無いために購入者が余り多くなく、買い取り価格としては正絹ほどの高値は付くことはありません。
一般的に麻の着物の買い取り価格の相場は、数百円から高い場合でも数千円程度での買取となりますが、一部伝統工芸品とされる上布の場合になると、高値で買い取られる場合もあります。

木綿の場合の買取相場

木綿の着物は、中には有名な伝統工芸品で高値で取引される品もありますが、着物の格で言うとカジュアルな着物に分類されるために、普段着と同じになります。
木綿のメリットとしては肌に優しい素材なので汗を吸収しやすく、生地も丈夫なので自宅でも何度も洗うことも可能で、価格も手ごろで購入できます。
デメリットとしては水洗いをすると、性質上縮みやすくシワになりやすいという事があります。
木綿の場合の実際の買取相場は、ほとんど値段が付かない場合もありますが、稀に保存状態が良く希少価値がある着物の場合には、1万円以上の値が付く場合もあります。
しかし一般的な買い取り価格としては、数百円から数千円が相場価格となります。

化繊やウールの場合の買取相場

着物は本来は絹や麻の糸で織られるのが主流でしたが、戦後に成り化繊が一般的に流通するようになると、ポリエステル100%でウオッシャブル加工の洗える着物も手軽さから人気となっています。
化繊のメリットは自宅で洗うことが出来る上に色落ちしにくく丈夫なので、雨の日でも気軽に着ることが出来る手軽さがあります。
一方デメリットとしては、天然物と比べると通気性が悪いために、夏の着物としては不向きで冬になると静電気が発生しやすくなります。
ウールの場合は羊の毛で織られた着物で、昭和40年頃から和服の販促用として、現代に流通するようになっています。
ウールの特徴としては趣味の着物としての利用が多いことから、自由に帯と合わせたりしわになりにくくふわふわした肌触りが感じられます。
化繊やウールの着物には基本的に値がつかない場合が多くありますが、未使用品や着想回数が少なく160㎝以上のサイズで状態が良い物だと、それなりの価格で買い取りされる場合があります。
しかしそれでも買い取り価格は、数百円から3,000円以上といった価格が相場になります。

高額買取が期待できる着物と買取相場

高価買い取りが期待できる着物と言えば、なんといっても正絹でできた着物で、その正絹の着物の中でも、シミやしわがなく保存状態が良い物や未使用な物は高値で買い取りされます。
また基本的に小さめのサイズよりも大きめのサイズや丈が長いものは、新しく着る人に合わせて仕立て直しが出来るので、査定ポイントは高くなります。
有名ブラント・有名作家・伝統工芸品・人間国宝作家などの着物の場合には、証紙が必要となりますが、これが一緒に揃っていれば、確実に高値で買い取りされることになります。
人間国宝作家の作品となると20万円以上での買い取り価格になる場合もあります。

小物の買取相場

和装小物には帯揚げや帯締めなど着物を着る上では不可欠な小物と、髪飾りや帯留めなどの華やかに見せる演出の小物があります。
着物に合わせてさまざまな種類を購入した物の、使用する機会が無く処分を考えている場合には、捨てるのは忍びないので、買い取りをしてもらうことをおすすめします。
しかし実は着物の小物は、ケースや鑑定書があると査定はぐんとアップし、保存状態が悪いと逆に買い取り価格は大幅にダウンしてしまいます。
一般的な小物の場合は、着物に比べると気軽に買うことが出来るために、買い取り価格もそれほど高くなるケースは希ですが、中には美術品や宝石としての価値で高値で買い取られる場合もあります。
通常の小物であれば数百円から5,000円ほどの買い取り価格が相場になりますが、美術品や宝石としての価値があると30万円を越えるようなケースもあります。

古い着物を買い取ってもらうならどこがおすすめ?

古い着物を買い取りしてもらう方法としては、リサイクルショップでの買い取り、ネットオークションでの買い取り、着物買い取り専門業者による買い取りなどがあります。
それぞれに特徴があるので、違いについてご紹介します。

リサイクルショップ

リサイクルショップは一番身近にある買い取り店ではありますが、基本的に着物を専門に取り扱っている買い取り業者ではなく、一般的な衣類と同じような取り扱いをされてしまいます。
そのために本来の価値をしっかりと査定されずに、しかもリサイクルしょっぶきものを購入する人は余り多くないために、高値で買い取られることはありません。
まして着物の場合は、ブランドバックなどのように販売価格がはっきりとしていないために、価格がつけにくくなるために、買い取り自体を断られる場合もあるので、リサイクルショップでの着物の買い取りは余りおすすめできません。

ネットオークション

ネットオークションは、自分で価格を決めることが出来る点では便利ではありますが、入札時には写真だけでは正確な判断が出来ないために、高価になる物ほど購入されにくい傾向にあります。
仮にオークションでうまく販売できたとしても、自分では気付かなかったシミを指摘されたり、色合いが写真と違うと言われたり、後になってのトラブルも起きやすいデメリットがあります。
やはり現品を確認しての売買では無いために、売る側にも買う側にもリスクがある取引になるために、着物の買い取り方法としては、ネットオークションについてもおすすめは出来ません。

着物専門の買取業者

やはり一番におすすめしたい買い取り方法は、着物買い取りを専門としている業者にしっかりと正しい査定をしてもらった上で、買い取りをしてもらうことをおすすめします。
着物の買い取りを専門としている業者は、着物を正しく査定できる知識を持ったスタッフが居るので、より高い買い取り価格で買い取ってもらえます。
買い取り方法も宅配での買い取り・出張買い取り・店頭買い取りとそれぞれ買い取り業者によって対応法は違いますが、ご希望の方法に対応している業者を選んで買い取ってもらうことが出来ます。
また実際には査定0円の評価をされた場合でも、無料で引き取ってくれる良心的な業者もあり、プロの目による査定を無料で受けられ、状態が良い物だと思わぬ値段が付くことも!
こういった理由から、やはり着物の買い取りを希望されている方には、断然着物買い取り専門店での買い取りをおすすめします。

着物を高く買い取ってもらうポイント

着物を買い取ってもらう場合のポイントにはどのようなことがあるのかご紹介しましょう。

保証書や端切れは大事に保管しましょう

着物によっては、購入するときに保証書や端切れが付いてくる場合があり、これは後に着物の品質を証明する上で重要な資料となります。
この保証書や端切れが無いと、せっかく希少価値のある着物であっても査定ポイントが大きく下がってしまい、買い取り金額にも大きく影響します。
そういったことにならないように、購入後は着物同様に保証書や端切れは大事に保管しよう。

日頃の取り扱いには十分に注意しましょう

着物は普段からの取り扱いが非常に大事になり、汚れやしみ、日焼けなどがあるとそれだけでも査定の評価が下がってしまいます。
買い取り業者側としては、しみが1つあってもしみ抜きの作業が必要となって、その手間代が買い取り金額に反映されてしまうために、買取額も減額されてしまいます。
それだけに普段から着物の取り扱いには十分な注意が必要となります。

着物の保管方法のコツ。収納ケースや洋タンスではダメ?

着物は丁寧にたたんで箱に詰めておきましょう

着物をしまうときには、煩雑に取り扱わないで箱に入れるときにも丁寧にたたんでしまわないと、シワの原因を作ってしまうため査定額が下がってしまうことがあります。
買い取りを依頼するときの箱に入れるときなども、出来るだけ丁寧にたたんで送ることで、鑑定する人の印象も良くなることから、少しでも高い買い取りが期待できます。

着物はアイロンがけしてもいいの?スチームを使っても大丈夫?

着物の買い取り額が下がってしまうポイント

着物の買い取り額が下がってしまうポイントにはどんなことがあるのかを、ご紹介しましょう。

色の変化には注意しましょう

着物の場合には、普段から着用していると日に当たることで紫外線の影響を受けてしまい、色が変化してしまう事があります。
また保管状態が余り良くないときにも、湿気の影響を受けてしまい色味が変化してしまうことがあり、着物の場合良い色の変化であれば、全体的な色の変化があれば着物の価値が上がる場合もあります。
しかしながら悪い色の変化となると、全体の色合いがマダラに変化してしまい、明らかに境目が目立ってしまうなど大きく買い取り価格を下げる原因となってしまいます。

型崩れには注意しましょう

着物の野保存状態が悪いと型崩れしやすくなってしまい、これもまた買い取り額が下がってしまうポイントとなってしまいます。
普段から収納している箱に入れるときに、たたみ方を間違えている場合だとよく型崩れしやすくなってしまい、定期的に外に出して着物を広げておくことで型崩れを防ぐことが出来ます。
着物は一度型崩れを起こしてしまうと補修する必要があるために、かなりの労力が伴ってしまうために、高価な価値がある着物でも大幅に価値が下がってしまうために、十分な注意が必要です。

着物の買い取り額を下げないために

着物の買い取り額を下げないようにするためには、「着物の買い取り額の高く買い取ってもらうポイント」や「着物の買い取り額が下がってしまうポイント」でご紹介したように、普段からの保存状態が重要になります。
着物の最大の敵は湿気と虫なので、湿気と虫を防ぐのに最適な箱は「桐」の箱になるので、桐箱や桐材を使用した洋服ダンスなどにしっかりと正しいたたみ方をして保管しましょう。
また湿気の多い日本では、年に3回程度晴天の日に正午を挟んだ4時間ほど、直射日光が当たらない風通しのいい部屋で虫干しを行いましょう。
こういったことを普段から心がけておくことで、着物の品質が保たれて、いざ買い取りしてもらうときの最低額も下げずに済むことになります。

さいごに

「古い着物の買取相場。高く売るためにポイントとは?」についてご紹介させていただきましたが、いかがだったでしょうか?
古い着物を高く買い取ってもらうには、いくつかの注意べきポイントかあるので、それらを普段から十分に注意して保管し、できるだけ高値で買い取ってもらうようにするよう良いでしょう。

よく読まれている記事

-着物の買取
-, , ,

Copyright© 損してる?古い着物の買取で1円でも高く売りたいならどこがおすすめ? , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.